カテゴリ:ツーリング( 33 )

年末林道走り納め 2014 その③

更新がゆっくりでかな~りグダグダ気味ですが(笑)、
毎年恒例年末林道走り納めいちおう終盤ってことで。

d0274344_0351630.jpg
足柄幹線林道がだめだったので、とりあえずの大観山から白銀林道で下山することに。

d0274344_0354377.jpg
頂上から数分でと~ちゃ~く。

d0274344_0373781.jpg
本当に久々の白銀はすっかり冬の装い。

草木が生き生きとした春も気持ちいいけど、道幅が広くて開放的な秋冬もやっぱりいいネ。

時刻は15時過ぎ。
なんとか日が暮れないうちに小田原には到着できそう。

d0274344_0384754.jpg
いつもの展望台。かなり足早だったので、第4セクションを20分切りという荒ワザ具合(笑)


さ、さむい、、、。
d0274344_039917.jpg
風が冷たくてしょうがないので、はよ次いきますか。

d0274344_0392748.jpg
おかえリエフ!


林道終わっちゃうまえにどっかで乗ってみなよ~、
ということちょっとばかり乗せてもらいました。

リエフが初どころか、2ストのフルサイズ自体が初めてだったのでちょ~ビビリながらでしたが、
思ってたほどちゃんと乗れる!

しかーも、たった50だというのに何このパワー感!?
低回転ではモモモモしてても、パワーバンドに入ればパイ~ンと結構な勢いでダッシュ。


「コーナーでも全開固定ね!」
って言われてたので常にカバ開けしっぱなし。
コーナーリング中にパワーバンドに入って猛加速し始めると、アタマでわかっててもかなり焦る(笑)


d0274344_0394833.jpg

さすが250と共有であって車体と足まわりはカッチリしなやか。
純粋なコンペ血筋のリエフちゃんからSLに乗り換えると、落差がハンパない。。。


d0274344_0401249.jpg
寄り道なしの駆けアシペースであっちゅーまに終着。

d0274344_040368.jpg
ふもとにおかえリエフ!
(あえ、、、しつこい?)

時刻は16時ジャスト。うむうむ、早い時間に戻れて上出来じゃないの。

d0274344_041727.jpg
下山下山~~♪

はうっ!ハンドルの高さが50の原チャリに負けてるしっ!(笑)



小田原の街についたら、駅近くのコインパに停まってるジョーさんのバクティから
エアポンプをお借りして、タイアをオンモードに。

リエフがバクティに収まったのを見てから小田原を出発。
ジョーさん、一日お疲れ様でした!

d0274344_0414159.jpg
大磯あたりで日没をむかえてから海沿いをスイスイ鎌倉へ。
帰り道のついでにグローブ鎌倉へ年末のあいさつに参上。

Sei店長にも久々に会えたしはるばる来てよかった。
途中で電話したせいか、店あけて待っててくれちゃってました。仕事納めの日にスイマセン。


d0274344_0421240.jpg
でわでわ、ちゃんと帰りませう!

d0274344_0423330.jpg
で、また寄り道(笑)

鎌倉には行っといて、ヨコハマに挨拶なしって訳にはいかないでしょう(゚∀゚。)




今回は昨年の悪夢みたいなこともなかったし、
今年はちゃんとした(笑)走り納めになってよかったよかった。

ってことで2014年の走り納め、やっと終了!!


走行距離:300キロくらい、、、かも(笑)
[PR]
by acty-biyori | 2015-06-25 11:46 | ツーリング | Comments(0)

年末林道走り納め 2014 その②

ここは、、、

d0274344_027157.jpg


ダルミじゃないヨ、長尾峠だヨ。

なんだかカブネタでだいぶ引っ張っちゃいましたが、午前パートを終えていよいよ後半に突入!

北箱根山線から別れて長尾峠に到着したころには、もうお昼どき。
ちょうど峠の頂上に食堂があったので、午後のメインに行く前にランチとしませう。

d0274344_0264796.jpg
オススメメニューってことで注文したのは豚汁うどん。

名前のとおり豚汁にうどん麺が入っているだけ、、、。
でもでも、冬のツーリングにはモッテコイな温かさでほんわかして幸せ~。
うどんは学食みたいな麺だったので、もう数段レンジが上がればもっと美味しいかも。

店主のおじさん曰く、北は青森からわざわざ食べに来る人がいるとかなんとか。
ほぅ?。。。ん、、、普通に家でも作れそうだけど(笑)たぶんハナシ半分やな。

d0274344_0245140.jpg
お腹いっぱいになったことだし、そろそろ行きましょ!
お店を出るときに、お煎餅をしこたま貰っちゃいました。
ほとんど右から左にジョーさんのリュックに入れちゃいましたけど(笑)

d0274344_028497.jpg
長尾峠の箱根側にトンネルを抜けるとこの眺め。
冬らしい澄んだ空が最高に気持ちいい!

下りはVクラスとA6に道を阻まれ、しゃあなくノロノロ走り。食後すぐで危うく寝かけそうに(笑)

乙女峠とぶつかり、金時林道のゲート封鎖を確認しつつどんどん街へ下って行くと、
d0274344_0283244.jpg
さぁさぁ、
ようやくお楽しみの本日のメインディッシュをいただきます!!
(あづささん、大変長らくお待たせいたしました!(笑)

d0274344_0303414.jpg
予想どおり、夏に来たときよりもいい季節を選べばコンディションはバッチリ。
それではいざ、突入~!

スルスル侵入後、しばらくは順調~~と思いきや、さっそくストップ。

や、ヤバいかも!?

道路の土台を頼りにエンドレス一本橋を続けていたら、
ライン上に思ってたよりも木が寄っていて、アタマは抜けてもステップが引っ掛かり、
かと言って左側へ逝きすぎるとアシを置くスペースがもうない。。。

バイクは引っ掛かってるわ、下り勾配ってのもあってにっちもさっちいかないわ。。。

むむ~~。

ジョーさんはスルスルクリアしてしまったあと、しばらくユサユサバイクを押し引きトライしていると、
心配になったジョーさんが戻ってきてくれました。
「どぉしたん?」

ということで、再び鉄人召喚(笑)
d0274344_3461363.jpg

あれっ、いったい何に躓いてたんだ!?とばかりに、あっという間にプチ難所クリア。

ふむふむ、そういうライン取りか、、、。

後ろから見ているとラインとかタイアの持っていきかたとか、色々参考になって面白い!
d0274344_0313278.jpg
と、バシバシ撮っていたら、どんどん先まで運んでくれます。


d0274344_032667.jpg
ちょっと広いスペースがあったので、SLに戻ってさらに先を目指します。


d0274344_0325159.jpg
ここまで来るとあともう少し!!

夏よりもクッキリハッキリの出口ポイントを過ぎると、、、
d0274344_0332015.jpg
この景色!!
すんばらしい!!

うは~、山々の眺めもいいしこんなに見晴らし抜群とは。
ここでのんびりランチってのも最高かも!

なんだか廃道セクションはただ通り抜けただけだったけど、これでリベンジ達成。

そうそう。忘れてはいけない、ここ箱根は観光地。
下山は存在感を消して、ソロ~りオールクリーンでクリア。
観光客にバシバシ写真撮られてましたが(笑)



時刻はもう少しで14時。
金時はアウトだったから、ほぼ舗装だけど足柄幹線林道でふもとまで戻りましょう。

強羅の手前でリエフを給油し、幹線林道到着、が、、、路面凍結で封鎖中。

んん~~~。白銀、、、でシメますか!?

エアペタペタタイアで再びの芦ノ湖からの富士見峠からの
d0274344_0335681.jpg
大観山に到着~。

てっきり閑古鳥かと思ったら、グループツーリングを数組発見。
こんなめちゃくちゃ寒い日だってのにほんと好きやね~、ってあっちからしたらこっちもか(笑)

せっかくなんでホットコーヒーで少し暖まっていくことに。

d0274344_0345472.jpg
ちょっとかすんでいるけど富士山!

にしても、ほんと天気いいなぁ~。シアワセだわ~。

、、、、、、。リエフ、、、どう見ても50に見えない、、、。ってかSLより確実にデカい。
しかも強そうだし、キリっとしててカッコいい。。。

やっぱSLは丸っこくてゆるくて癒し系だわなぁ~~。


なんか走り納めに白銀ってのもちょっと微妙?かもだけど、
こっちも久しぶりなんでまったり味わいましょう!


てなわけでラストパートへつづく~。
[PR]
by acty-biyori | 2015-05-25 07:14 | ツーリング | Comments(2)

年末林道走り納め 2014 その①

2014年もあとほんの少しだけの12月30日

年賀状はめずらしく年内に準備できたことだし、心おきなく林道走り納めに行ってきます!

d0274344_0305231.jpg
初っ端からすっ飛ばしまして、待ち合わせ場所の小田原のセブン。

当初は4人くらいのエントリーがあったんですけど、
なんだかんだ減って(まぁいつものようで)最終的にはこの日は2台。
今回は府中からはるばるアクティにトランポで、ジョーさんがリエフの50で参加してくれました。

たしかMRTっていうモデルですかね。いまどき珍しい2ストです。

コーヒーでしばし暖まってから出発。
いつもなら箱根新道で登頂ですが、リエフは50しーしー。
芦ノ湖までは久々の箱根旧道でヒルクライムっす。

d0274344_0331758.jpg
で、芦ノ湖到着。
小田原スタートでいきなり給油、といっても、リエフのタンク容量は10Lで燃費は約20km/L。

え、、、200キロももたないの!?
林道内でガス欠になっても時間がもったいないので、面倒くさがらず給油しときましょう。
携行缶持ってきとけばよかったっすね。
午後ティーのペットボトルは捨てずに持っておこ。

d0274344_03348100.jpg
そしてそして、三島方面にグングン国1を下っていけば、本日一本目に到着。

d0274344_0421811.jpg
北箱根山線、初めて来ました!
ツーマプではなんとなーく知ってたけども、なんとなーく今まで走らないままだったこの林道。
今回の走り納めのメインディッシュをセレクトした際、
程よい距離感がピッタリだったんでちょっとばかり散策していきましょう。

d0274344_0424554.jpg
で、スタート早々にコレです(笑)
とりあえずかけつけ支線一本目!って入っていったら、さすがジョーさん。
行き止まりで引き返すかと思いきや、支線内でさらなる支線を発見してどんどん突入。

支線っていうかほとんど作業道レベルのせっまいヌタヌタV字谷をヒルクライムぱーりーっす!

トラタイアの山は全部目詰まりするし、トラクション掛けてもノーグリップだし、
上りの丸太ステアでフロント上がらずそのまま強打(笑)で、ズッコケてジョーさんに爆笑されるし。
まだ一本目なのにいきなり体力使ってます。。。

目詰まりしたタイアをキレイにして、
トラクションを回復させるテクを教えてもらったり、なんだかスムライ実践ツーリングなカンジ。

d0274344_0432162.jpg
本線に戻って気の向くままに支線散策。
ここは丸太積み路面で結局行き止まり。
雨上がりの丸太も結構ズルズルなので、荷重を掛けたり抜いたりのステップワークの練習にもってこい!

d0274344_0434728.jpg
支線散策はまだまだ続きます!
本線の写真がここまでほぼ皆無なので、あんまりスポットの参考にはならないっすね。

まぁいっか(笑)

d0274344_0481958.jpg
本日は写真少なめで走りメインのガッツリペース。

あっ、置いてかないで~~!

d0274344_0485757.jpg
ヌタヌタV字下りでひゃっほーしたら広場に出ました。

d0274344_0492568.jpg
ここまで走りっぱなしなので、水分補給で小休憩。
冬ですが汗ダクダクで最高(笑)いや~SLで来てよかった~。

d0274344_0494923.jpg
このまま下っていくと沼津の街ですかね。
本題はここではないので、今日は深入りせず本線に戻りましょう。

さあさあ、下ったってことはまた上り。
d0274344_0503582.jpg
グヘヘヘヘ。
どうですよ、このコンディション。
超たのしそうでしょ?、、、、、え、ドライのほうがいいですって?

リエフがヒュンヒュン上っていくのを見てから、クラッチパンっでスロットルもオン!!

しましたが、何度やっても途中で失速、リアがノートラクション、、、。
またしてもリアタイアが詰まっちゃいまいた。
で、ぶあーっと泥を弾き飛ばしても、今度はリアがブワブワあおられて全然荷重できない!!

やばいヨっ、本線に帰れないと今日の計画が終わっちゃうよ(泣)

さあ、鉄人ジョーさんの出番です(笑)
d0274344_051282.jpg
助走そこそこに的確なライン読み、トラクションのかけ方でグニグニ上っていきます。

た、助かった~(笑)

ジョーさんいわく、リアショックが弱すぎて縮めても全然荷重がかからないとのこと。

やっぱりそうっすか!!
う~ん、ロンスイ入れた影響がいよいよ露呈したか。
そのままにしてないで、ちゃんとセッティングしないとダメかぁ。プリロードでなんとか対処できるかなぁ。

d0274344_0515850.jpg
本線に無事たどり着き、またもや大汗。
それから延々舗装路を飽きるほど走って、ようやく箱根への復帰路にたどり着きました。

視線の先とは逆に坂を上って芦ノ湖に向かいませう。

d0274344_0522765.jpg
今回の走り納めも晴れ空なり。
ゴルフ場のよこを元気に駆け上がったら、富士山発見!

もうそろそろお昼にもいい時間なんで、ランチのあとにいよいよメインディッシュと行きましょうか!!


その②につづく~
[PR]
by acty-biyori | 2015-04-24 11:28 | ツーリング | Comments(2)

夏のヨコハマ・カブツー その2

d0274344_12564890.jpg
ナカネフさんがロストしかけたルートを発見して下さったので、前進続行!

この狭さ、旧規格(?)なのかクルマ用じゃないのかやたらと小さいガードレール。
あぁ、やっと会えた。
前からコレが見たくて、ずっと待ち焦がれていただけにジーンとくる。
遥か昔にはここを行き交う人々や荷車などがいたんだろうなぁ。

d0274344_1258456.jpg
さあさあ、感傷に浸ってないで先を行きます。
後ろから110が降りてきますが、サイズ的にはリトルがちょうどな位に激狭。
しかもギュ~~と下ったり、木の根っこがボッコンボッコンあちこちに生えているので、
脚がつかないとだいぶシンドイかも。

d0274344_12584339.jpg
リトル横並び(笑)

しっかしえんらいトコロです、ココ。地面はボッコボコだし、根っこはすごいし。
ハードテイルとかでトレイルライドするには面白そう。
ここの辺りが唯一スペースが広くなっていたので、110と銀リトルはUターン。賢明な判断です。

ぐへへへ、ではC田さん、先へ行きましょうか(笑)
d0274344_12595615.jpg
いきなりですが終点へ到着。
茂みをかき分け、リアタイアが上がらないような段差では、お互いのバイクを押し上げたり、
車高は低いけども小さいバイクならではの利点で乗り切りました!

あー、確かに110だと最後までキビしかったな(笑)
お二人が待っているので、帰りましょう。
d0274344_131742.jpg
小規模ながら切り通しもあります。うんうん、風情あるなぁ~。

d0274344_1321495.jpg
しっかし狭いな~。
昔はクルマも果たして通れたのだろうか。現代ではジムニーでもまずぜったいムリっす。

そういえばカブで茂みに突入していたら、トレイルランのグループと遭遇。
走ってくる人々ほぼ全員がメチャクチャビックリしていました(笑)
そりゃこんなところに、カブなんているとは思わないよネ。
d0274344_133149.jpg
お待たせいたしました~~、バキバキバキっっ!!!
ってなんか思いっきし引っ掛かってるし(笑)

d0274344_134012.jpg
再び全員揃ったので記念写真。

無事(?)に下山して横浜方面へ戻るとき、あんなに晴れていたのに空模様は段々アヤシク。
d0274344_1355757.jpg
ひと雨降った後、本牧のシンボルタワーに到着~。
到着直後、雨脚が強まったので休憩所で雨宿り。

プチ試乗会でお互いのバイクを味見しつつ、雨も止んだので再び移動~。
d0274344_136241.jpg
お盆シーズンで混雑気味の道をスルスル進み、赤レンガへ到着。
皆さんお疲れ様でした!

d0274344_136446.jpg
しっかしバーディー、、、見ればみるほど面白いなぁ(C田さん、すみません(・∀・*)

d0274344_1371164.jpg
まだまだピカピカの新車。
でも納車直後に林道へナラシに行ったらしいっす(笑) 納車後すぐに白銀林道って(°Д°;

d0274344_1373552.jpg
PONさんの110。
見た目はシンプルながら、エンジンやマフラー、ショックと結構手が入れられてます。
ボアアップとマフラーのマッチング、いい塩梅に仕上がってますね!

d0274344_138128.jpg
ん~、マルチリフレクターうらやまし~。
お、てんとうむし。
d0274344_139147.jpg
レザーのサイドバックもいいカンジです。シガソケも完備で、まさにツーリングにピッタリっす。

d0274344_139281.jpg
しばしのマッタリから日没前に解散。
皆さん、本日はありがとうございました。あとから参加ですいませんです。

またカブツー行けるといいなぁ。次は年末ミーティングですかね!!
[PR]
by acty-biyori | 2014-11-27 23:11 | ツーリング | Comments(0)

夏のヨコハマ・カブツー その1

さぁさぁ、またもや季節感ナッシングのツーレポです(笑)

8月のお盆ころ、nakanefuさんにお誘いされたので久々のカブツーに参加してきました。
ここのところツーキングでしかリトルに乗ってなかったので、遊びで乗るのがホント久々。

わーい、遊びに行くよ~!!
d0274344_3332525.jpg
と、ワクワクしていましたが、お昼頃の追っかけ参加(笑)

当日の朝まで徹夜で職場にいて、戻ってきたのが朝9時。完全集合時間アウトや~。
主催のナカネフさんに相談したら、お昼食べに合流したらいいんじゃないですか?
ということで、上の産業道路疾走の図(笑)

d0274344_3361435.jpg
電話で場所を聞いたりしながら、ご飯処に到着。
ガラケー人間は店の場所が分からないヨ~、なところ店の前にカブがズラーと置いてあったので即発見(笑)

d0274344_33719.jpg
天丼(?、だったハズ)が美味しいとのことで、同じものを注文。
ここまで食べておいて、写真を撮ってなかったのに気が付きました(笑)

つもり積もったお話しをしつつ、食事も終えたので早速ツーリング本番(笑)へ出発。
d0274344_3382536.jpg
今回、埼玉よりはるばるお越しのPONさんは白い110での参加。
お~~、白はキリっとしていてなかなかカッコよい!!

ん・・・?んん、・・・・・・・??なんか後ろにいるゾ。
d0274344_12294662.jpg
こ、こ、、、、、これって、、、スズキ・バーディーじゃんっ!!
うおーー、しかもピッカピカの新車だっ!え、このメットってことは、ほんとにC田さん、買っちゃったの!?
d0274344_1231880.jpg
うはぁぁ、、、マジで買っちゃったんすね( ゜Д゜;)
ってか、初めて新車のバーディー、しかも趣味で買っている人を見たかも(笑)
あんまりにも珍しい?のでマジマジと観察しちゃいました。
もうこれは鉄腕バーディ50とかコラボバイクに仕立てるしかないっすね(≧▽≦)

d0274344_12334045.jpg
立ち話もそこそこに、お昼の後は腹ごなしにちょいと走りましょう。
ちょうど金沢区にいるし、せっかくみんな揃ってのツーリングなのでオススメのスポットへ行きませう!

そうそう、PONさんのツーレポ、詳しい内容ときれいな写真がgooなので是非こちらも見てみて下さいな。

d0274344_12352376.jpg
そうこうしているうちに、エントランス(笑)に到着。
どうっすか!?このスパイシーな看板たち。
表通りからなんの躊躇もなく右折したら、皆さん「マジでココですか!?」と目が点になってました。

以前にバハで来た時は不完全燃焼だったので、今回リベンジしちゃいます!

d0274344_12362883.jpg
極狭急坂をグリグリ上って行くと、小さい広場に到着。
いよいよここからアドベンチャーセクションのスタート!

PONさん「ここから先、ホントに行けるんですか!?」←正常な反応です(笑)
ナカネフさん「え~、大丈夫ですか!?」←フツーは行かないですよねぇ~。
C田さん「お~、いいカンジですね!!」←今度バーディーでモンゴルラリーに参加しましょうL(´▽`L )

まぁ、案内役なので先陣を切ってヒャッハーーと叫びながら、最初の段差をフロントアップで突入です。
d0274344_1237480.jpg
シングルトラックをヒルクライムするカブたち。
d0274344_12374682.jpg
C田さん、超たのしそう(笑)
d0274344_1239244.jpg
銀リトルも頑張って上ってきますね。
d0274344_1256776.jpg
前回は数少ない分岐で選択を間違ってロストしたので、今回はしっかり下見でラインを探ることに。

リトルが下見タイムの様子を見守ってます(笑)
その後一度失敗ルートを行き、引き返すも正規ルートが不明で八方塞がりかけたそのとき、

ナ「なんかこっち行けそうですよ!」
d0274344_12564890.jpg
ナカネフさん、グッジョブ!!(・∀・)

その2へつづく
[PR]
by acty-biyori | 2014-11-25 21:13 | ツーリング | Comments(0)

箱根林道三昧ツーリング PMパート2

昼食後のぶらり廃道散歩から現実世界にもどってくると、時刻はすでに16時。
おっと、8月とはいえそろそろ夕方もいいところ。
乙女峠をさっさとクリアし向かう先は、
d0274344_181475.jpg
年末の悲劇のリベンジ、メインディッシュの金時林道!
フフフ、SLはもう万全のコンディション。今回はたっぷり楽しませてもらうとしましょう。

ここからはエアを抜いて行きましょか、とエアゲージを準備していると
だいてんさんがさっそくアドベンチャールートのチェックへ。

ペ☆ヤング「なにやってんすか?」
だいてん「え、下見に」
ペ「へっへっへっ(笑)。今日は魔法の呪文を伝授されて来たので、その必要はナッシングっすね!」
だ「???、ちょっと何言ってるのか分かんないっす」
(※かなりフィクションが配合されています)

んなわけで。
d0274344_18541.jpg
デロ○アンで時空を飛び越えて(笑)、エアを落としたらいざスタート!!

おぉ~~、この感じこの感じ!!久々だな~。
d0274344_1103059.jpg
先頭を突き進むだいてんさん

全体的にそこまで道幅は広くないですが、殆ど貸し切り状態なので走りやすくて超快適!
コンディションもマッド過ぎずドライ過ぎずのいい塩梅。
あ~、この日をどれほど待っていたことか(笑)

写真を撮りながらなので遅れ気味に進んでいくと、コーナーの先にだいてんさんが待ってくれてました。
セローの向いている先を見ると、なんだか石がゴロゴロの激坂。
えっ、、、マジでこれ行くンスカ?(笑)
d0274344_11151.jpg
だ「楽しいから行きましょうよ!!」
上っちゃってます(笑)

初めはいいですよ~とか言って遠慮(?)してたけど、
よくよく考えるとエアまで抜いて走りに来てるのに、ここで逝かなきゃいつ逝くの!?
d0274344_1114157.jpg
今でしょ!!(笑)
d0274344_113051.jpg
あ、分かりづらいかもですが、実際に見ると結構な上り。しかも中ガレ・サラドライ(←牛丼かっ(笑)
でラフに行くと結構滑る。こりゃステップワークとトラクションの練習にイイネ!
d0274344_1135184.jpg
頂上を折り返してお戻りのだいてんさん。

ちなみに頂上は砂防ダムになってるとのこと。
ほぉ、SLでも最後まで行ってみますか。
d0274344_1142260.jpg
頂上から下るの図。

んん~、分かりづらいかなぁ。下りは下りで結構な長さと斜度。
セカンド・エンブレの絶叫スピードで駆け下りて、本線に戻ります。
d0274344_115018.jpg
本線をずんずん進むと第二チェックポイントに到着。
なんだか前回来た時よりも、かなりガードが厳しくなっててビックリ。

このちょっと先でだいてんさんが支線を見つけて「下見してきますヨ」と突っ込んで行ったら、
ガッツンーと下った先が階段スタートの見事な登山道(笑)
せっまい登山道でセローを引きずり回して無事方向転換。あ~、写真おさえておけば良かった(笑)

d0274344_1153351.jpg
第二チェックポイント後も快適林道のまま。
時刻は17時も過ぎているので、支線はオールスルーで駆け抜けます。

d0274344_1161928.jpg
17時半、金時林道無事終了。
これで年末のリベンジにはなったかな(笑)

d0274344_1165997.jpg
足柄峠にて

すっかり夕暮れですがデザートであともう一本行ってみましょう!

d0274344_1173132.jpg
ヘアピンでトラタイアをズルズル滑らせながら峠を下って、林道黒白線の入口に到着。
ここからちょっと上ったところからお目当ての林道を目指します!
d0274344_118154.jpg
が・・・・・・。
えぇぇっっ!?
無理じゃん(笑)

いや、いっつも無理なんですけど、しばらく来ないうちになんかトドメを刺されてる。。。
というのも右のガードレール、
今まで無かった黄色いポールが生えてるし、ガードレール自体も延長されているし、、、。
かと言って左は即斜面で転回スペースは無し。

だいてんさんが周辺を熱心に下見してましたが、今日のバイクじゃ恐らくムリ。はぁ、ここはもう終わりか。

d0274344_1183033.jpg
ん~、どこから行くべかなぁ。
とちょっとばかり思案して、次のポイントへ移動。
あ、今日のブーツはSLなのでガエルネ・バランストレをチョイス。
やはり軽さと足首の自由度がバツグンでツーリングには最高な逸品です。
でも夏場はジーパンinだとジーパン部分が汗びっしょりであっつい(笑)

d0274344_1192967.jpg
そんなこんなで、明神林道に到達。
林道内では渓流釣りのクルマと時々すれ違うので、調子こいてコーナーに突っ込まないように注意です。

d0274344_1185946.jpg
もう18時をとっくに経過、ヤバイ!先を急がねば!!
d0274344_120726.jpg
ここまでだいぶ走りっぱなしですが、元気いっぱいのだいてんさん。
d0274344_12055100.jpg
さすがの若者、終盤でもカメラを向けるとハイテンションでこたえてくれます(笑)
d0274344_1211943.jpg
ルートをぼんやりした記憶で探りつつなんとかゲートの入り口に到着。
思えばここもバハで悪夢を味わったトコロ。む、知らずにリベンジツーリングと化してるかも(笑)

小休憩を挟んでにゅるっとスタートします。
d0274344_1214910.jpg
スタート早々の支線で一時停止。たしか桧山線って名前だったような。
う~ん、ここの終点はまだ行ってないし、今日はSLだし、、、時間が、、、
日没後に最後のゲートで困ると涙目なので、またとしましょう。。。

d0274344_122265.jpg
支線の分岐後すぐに舗装路となり、
「あれ?こんなにダート区間無かったっけ?」と拍子抜けしつつ、18時40分日暮れギリで完抜け。

今日のところはこれくらいで撤収します!
d0274344_1232975.jpg
集落まで降りるのに民家の行き止まり私道に迷い込んだりしましたが、真っ暗になる前に下山完了。
d0274344_1235064.jpg
ここはどこ?、東へはどうやって行くの?とだいぶアテ感で住宅街を大井松田IC方面へ。
なんとも夏らしい雲と夕陽が心に染みる~。
そんな風景に癒されていると、だいてんさんが「ちょっとちょっと、あっちの山を見てみてくださいよ!」
d0274344_1242176.jpg
おぉっ、なんと!!
山の頂上から雲がフワァ~って降りてきてる!!
これって吹き下ろしってやつですかね? 方角からして丹沢ですな。
思わずぼぉ~と眺めていると、なんだか疲れも少しだけ癒されました。

d0274344_1245659.jpg
途中のスタンドで給油(セローのみ)、タイア・エア補充後、
真っ暗な県道ワインディングを激走し、20時頃に東海大近くのセブンで休憩。
ここまでかなり暗い道をいつものペースで走って来ましたが、
だいてんさんは最後まで集中してピッタリ着いてきたのでビックリ。
こんなに走りっぱなしでも大丈夫とは、だいてんさん相当タフですね(笑)

セブンから国129まで先導して、北方面のだいてんさんとはお別れ。一日本当にお疲れ様でした!
d0274344_1252230.jpg
新湘南バイパス下を走行中にリザーブになったので、戸塚の手前で給油。
この距離までなんと無給油。だいたいの計算ですが、リッター34キロの最高値を記録しました!

給油後も下道オンリーで21時半に帰宅。
朝から晩までガッツリお腹いっぱいに走った一日でした。
気になる支線も何個か見つけたので、また巡りに行くのもアリかも。次のSLツーは年末かな。

走行距離:280キロくらい
[PR]
by acty-biyori | 2014-10-03 11:08 | ツーリング | Comments(0)

箱根林道三昧ツーリング PMパート1

お昼過ぎにやっと白銀林道を抜けて、富士見峠を芦ノ湖へ下山。
おっそいレジャーのクルマに引っ掛かりつつも、腹ペコで仙石原に到着!
d0274344_33377.jpg
さて、今日もお楽しみのカフェジュリアへ。。。
と、思いきや、土曜のお昼なのにclosed。え~~~、うそ~~ん。もう3回も空ぶってるなぁ。

d0274344_3131537.jpg
しゃーないので、近くにあった喫茶店でランチにします。
パスタセットで1000円くらい?だっけかな。カルボナーラ、めちゃくちゃ美味でした~。う~ん、幸せ。

で、いよいよ午後パートですが、腹ごなしにちょっくら廃道散策に行きませう。
d0274344_3315672.jpg
ちょいと来た道を戻って、山を越えたら入口に到着。
廃道といっても正体は未成道で、途中までは林道みたいな雰囲気。のはず(笑)
さてさて、事前調査とどのくらい違うことか(笑)

d0274344_3322961.jpg
ほほう、ええ感じに隙がありますな。
お腹いっぱいでだいぶ眠いですが、バスが来ないうちにササッと逝きましょう。

d0274344_3325815.jpg
走り始めて数百メートルはこんな感じ。
たまに浮きジャリ気味でも、土もありで走りやすい。

よしよし、これなら意外と行けるんじゃない?
d0274344_3332463.jpg
が、1キロ位でこんなんに(笑)
前輪で草をかき分けかき分け、地形のラインを読みつつ慎重に前進します。

夏とはいえこの草の量、大丈夫かな。
d0274344_3334839.jpg
前の写真の場所から程なくして、一応の道の終わりに到着。
あ~、結構これはシンドそう(楽しそう)だなぁ。

草ボーボーの時点でだいてんさんからしきりに、「これ、マジで行くんですか!?」コールが出てましたが
なんだかテンションはだいぶ上がってる様子。
嫌よ嫌よも~~のうち、ってとこですかね。

バイクで入ってから薮かきしてドツボにハマると最悪なので、ここからは徒歩で観に行きましょう。
大丈夫そうなら戻ってバイクで逝くとします。
d0274344_3343690.jpg
薮や草をかき分け進むと、さすが未成道!と言った雰囲気が随所に。
見えますか?、ここに対面通行の2車線の道路がある様子が。
今立ってる右側にも立派な土台があり、木々が無茶苦茶に生えてますがちゃんと路面も残ってます。

d0274344_3351416.jpg
途中から結構な下り勾配になり段々空が開けてきました。そろそろ終点かな。
にしても、ここを2輪で行くのは相当厳しそう。
木がかなり法面のギリギリまであったり、沢みたいに掘れているところもありで、
草が多いこの季節だと道幅も狭くて歩きでも結構大変。次来るとしたら、冬辺りに再訪してみよっかな。

d0274344_3355324.jpg
草むらを抜けると、終点に辿り着きました。
そうです、ここに抜けます。前半パートから分かっている方は知っていると思いますが、
本来はず~っと向こうに見える道から、今来た森を抜ける2車線の道路が計画されていたこの道。
だいぶ昔に箱根町に土地ごと買い取られてしまい、かなりの投資も無駄になってしまったみたいです。
昔から知ってるこの場所にこんな道があったなんてホントにビックリ。
なにわともあれ、バイク置いて歩いてきて正解でした(笑)

さてさて、次もあるので来た道を戻りましょう。
d0274344_3365947.jpg
SLとセローのところに戻ってからは近道をして道路まで戻ります。
と言ってもこんな感じですが(笑)

d0274344_3373344.jpg
ちなみにSLの奥のしげみから出てきました。
道になんて見えませんよね(笑)
d0274344_338699.jpg
近道の出口はポーラ美術館のすぐそば。
森の中からバイクが出てきたので、駐車場にいた観光客がビックリしていました(笑)
そりゃ、あんたらどっから来たの!?ってなりますよね。

d0274344_338434.jpg
現実世界に戻って(笑)、乙女峠へ向かう途中のセブンで休憩。

ここでヤマガール達が楽しそうに話しながら休憩してましたが、
廃道ボーイズはまったく異色の物体みたいで、
お互いに世界が違うなぁという微妙な距離感を感じました(笑)
どこかに「これSLですよねっ!」って話し掛けて来る素敵な、・・・(以下略)

さて、今日のメニューもまだまだ中間地点。第2のメインメニューへ向けて、モンスターを注入で出発します!

PMパート2につづく
[PR]
by acty-biyori | 2014-09-26 10:56 | ツーリング | Comments(0)

箱根林道三昧ツーリング AMパート

8月最初の日曜日、
d0274344_10758.jpg
テスト終わりのストレス発散に林道三昧に行って来ました。
いい天気で西湘が気持いい~!
d0274344_104119.jpg
いつもの大磯のセブンにて。
出掛け前にブレーキフルードの交換などやってたせいで、集合ギリギリ、っていうか遅刻(笑)
だいてんさん、お待たせしました(汗)

途中給油などでしつつも、スルスル小田原へひた走り
d0274344_111744.jpg
11時頃、白銀林道の入り口に到着。
今回は支線も散策しつつ行ってみましょう!
d0274344_113772.jpg
まずは本線入ってすぐの支線、林道猿沢線へ。
d0274344_125084.jpg
約3キロの行き止ま林道ですね。
d0274344_133031.jpg
入口からはずっと上り勾配。
途中結構キツメな斜度になりつつ、道幅も狭め。
管理のクルマがたまにしか入らないためか、枝や石が道路上に散乱していて結構荒れ放題ですな。
d0274344_151739.jpg
やっと1キロ看板。
お、この看板、ここら辺だと冷水河原線で見た看板と同じだ。
白銀本線じゃあんまし見ないタイプっすね。

1キロ地点からもウネウネ上り続け、
d0274344_155758.jpg
3キロ看板で終点。
終点はクルマが余裕でUターンできるくらいの広場になってました。
だいぶ長い間このままってカンジみたいで、全長が延びることも当分なさそうですね。

さてさて、再び本線に降りてお次の支線へ。
d0274344_175356.jpg
本線をしばらく行った左側に待ちうけている、大杉窪林道へ。
ここもあんまり全長はなさそう。
d0274344_18533.jpg
しかしいざ入ってみると、まぁなんと気持いいことか。
木々の日陰とそよぐ風で暑さも忘れて気分は最高!
ここの支線、結構イイじゃん!
d0274344_193458.jpg
視界は開けないけど、全体的に走りやすい&終点までフルダート。
途中で地面があまり良くない急カーブの切り通しがあってジムニーとかでちょうどなほどだったので、
BAJAの大きさだとちょっとめんどくさいかも。

d0274344_1101954.jpg
終点はここ(笑)
まさかこんなところに出てきちゃうなんて(笑)
道行くクルマがビックリした表情で通りすぎて行きます。

d0274344_1122630.jpg
ちょこっとだけ本線(笑)に合流して、再び本家本線へ(笑)
d0274344_1125572.jpg
第2セクションもどんどん進みます。
d0274344_1141762.jpg
いつもの場所でパチリ。

あ~いい天気だ~。
しっかし休日だというのに、ここまで1台もオフ車とすれ違ってない、、、。皆いったいどこ走ってるんだろ。

d0274344_1154448.jpg
休憩スポット手前のロングストレートも、草が鬱蒼としてこの狭さ。
d0274344_1163872.jpg
休憩ポイントに到着。
ここから先は最終セクション。

ってかゲートの前にクルマ置きっぱってどうなのよ!?
車体の埃が雨粒で斑点になってたってことは、もう2~3日くらい放置ってことか。まったく、かなり邪魔。
d0274344_1181114.jpg
最終セクションも走り終え無事到着~。
普通白銀って上りの前半は路面最悪で中盤以降あたりが気持ちいい。
が、この日は前半はグッドで後半はかなり荒れ気味だったのが意外でした。
なんだか夏までに前半部分は路面補修が入ったみたいですね。
d0274344_120151.jpg
椿のギャラリースポットの横からス~っと入って行く脇道があって、奥にはこんな気持いい場所が。
前から知っていたのですが、やはりここは格別。静かだし、空気良いし、天気もいいし。

時刻は13時前。午後に向けてお昼を食べて、後半戦に備えます!

PMパートに続く
[PR]
by acty-biyori | 2014-08-28 09:59 | ツーリング | Comments(0)

九州リトル・カブツーリング! day9 ②&day10 last!

朝、四国を出発してから紀伊半島を横断、そして夕方には伊勢を離れて、
フェリーにどんぶらこっと揺られること約50分。
d0274344_311923.jpg
伊良湖に上陸~!ここからいよいよ愛知県と静岡県!
乗船前に買い物ができなかったので、
船内の自販機で飲み物を買おうと思ったらいわゆるフェリー価格で購買意欲があっという間にゼロ(笑)
NOドリンクでお昼は食べられないし、ギリで乗ったせいで座席は満席で
雑魚寝スペースはまたも子供が放し飼いで全然休めませんでした(泣)
なんか今日のフェリーはどこもツイてないなぁ~、、、。

17時40分、真っ赤に沈む夕陽に見送られながら出発~。
フェリー乗り場からは国42を静岡方面にトコトコ走り出し、
しばらくすると日没を迎えて辺りは真っ暗に。

国42は黄色いセンターラインが永遠に続く単調な道で、
リトルのペースではクルマと同じorそれより遅いのでかろうじて寝なくて済みましたが、
大きいバイクだとクルマが抜けなくてかな~り退屈なカンジ。

しばらくはコンビニも全く見当たらずで、何件かのサークルKをすっ飛ばしてから
走ること1時間でやっと見つけた伊古部町のセブンにて一休み。
d0274344_314265.jpg
18時35分、やっとお昼ごはんにありつけました。
そうです、見たまんまで春巻きと赤福(笑)
春巻きウンマ~~(´▽`)
日没してからインナー着てもかなり寒いほどだったので、ホットの午後ティーがカラダにしみる~。

で、メインディッシュに、、
d0274344_32564.jpg
ドドーーンッッ!
と、赤福8個入り(笑)
み、見た目のインパクトが、、、現物見るとハンパでないな、、、。これ全部食べられるのか(;´Д`A
一口二口目までは、あんこの美味しさにテンションアップ、、、ですが、
4口目になると段々心が折れて(笑)

お腹に考慮して牛乳無しで賞味したのであまり食が進まず、もう充分っ!となって5口目でストップ。
残りは楽しみにとっておきます。
赤福を3皿(全部で9個くらい?)をイッキにたいらげたミスターって、ある意味驚異的なおじさんですな(笑)

さてさて、赤福チャージで糖分補給して、国42からいよいよ横浜まで繋がる国1に合流。
潮見バイパスの方はおっかないので、東海道の一本逸れた方で浜松へ。
そして目指すは浜松健康センターでひとっ風呂、だったはずが、、、。


ツーマプによると国1から別れて国257に入ってから浜松駅近くの左側に、
浜松健康センターバーテンバーデンがあるとのこと。が、
拡大ページを見てマークの周辺をグルグル走っても、健康センターらしき建物がまったく見当たらない(汗)
あれぇ~、おっかしいなぁ、たしかにここにあるはずなんだけどなぁ。

住宅地に迷い込み困っていたところに帰宅途中のサラリーマンを発見。
ぺ☆ヤング「すいませーん、ここら辺に健康センターってありますよね?」
リーマン「え、健康センター?そこに“あったよ”」
ペ「あえ?」

リーマンさんが指さす場所を見れば、そこは工事現場の柵で囲まれた広大な空き地。
ペ「あ、、、ここですか」
リ「建て替え工事でもしてるんじゃない?」
ペ「あ、、そうなんですか、、、ありがとうございました。。。。。」

な、なんてこったい(笑)
長い道中のオアシスとして、休憩ポイントにしようと思ってたのに、、、。
うーん、どうしよう。
国1方面には浜松健康ランドがあるけど、国150で東に行きたいからだいぶ上にズレるなぁ。
場所を変えて明るい街灯の下で地図を確認してみると、国150沿いでも焼津に健康センターを発見。
ぐはぁっ、ツーマプ4ページ分ってかなり遠いぞ、、、。
でも、そっち方面に帰るんだからとりあえず焼津まで行ってみようか。

20時頃、浜松市街を抜けだし国150へ右折。
真っ暗な国道をず~~っと海沿いに御前崎方面へ黙々と走ること1時間半。
気が付けば牧之原市に到着、国道沿いのシェルで給油して一息。
おぉ~、東名でよく休憩する牧の原SAでここら辺なのか!
そして給油後さらに走ること1時間。22時40分、焼津駅前健康センターに到着。

リトルを駐輪場に押し込み、着替えと風呂セットを防水バッグから引っ張り出し、
ボー然とした意識のまま受付を済ませて、お風呂へ直行。
ぷはぁ~~。大きな湯船に浸かったときの心地よさったらなかったです(笑)
じっくりカラダをほぐしてリフレッシュしたらば、フルーツ牛乳を賞味!あ~ウンマイッ!!
そういえば国150は殆ど真っ暗な路線だったけど、
たまにコンビニや牛丼屋とかトラックが休憩できるようなポイントがちょくちょく現れて、
何にもなくて心細い!ってカンジはなかったのが意外だったかも。
お風呂に入ってサッパリできたので、大広間でちょっとだけ仮眠。
入館から4時間越えると追加料金になっちゃうから、3時間くらいで起きなきゃZzzz、、、、。

ここから最終日のday10 (笑)

ハッ!!っと目が覚めたら時刻は既に午前3時過ぎ。ぬあ~、3時間とっくに超えてる~!
結局追加で会計をしましたが(笑)、おかげで4時間くらい寝られたのでアタマもスッキリ。
d0274344_323380.jpg
荷物を積んで地図を見てたら、「ツーリング中ですか?」と突然声を掛けられてビックリ。
!っと振り返ったら、黒いT-MAXと黒いR1に乗った湯上がりの若者が二人。
「そうですよ!鹿児島まで行って来た帰り途中で、これから横浜まで走りますよ」って言ったら
かなりビックリされました(笑)
しばらくバイク談義・カブ談義で盛り上がって、お互い安全に気を付けてね!とその場をあとに。
最終日は思わぬ場所でバイク乗りに会うことができました(笑)

3時40分、焼津を出発!
真っ暗な焼津市街からカンを頼りに県416へ。そう県416といえば、あの有名な大崩海岸ですよね!
ツイスティーで真っ暗な断崖絶壁の道を、超ハイテンションで激走してあっという間に石部海上橋へ。
あ、もう終わっちゃった(笑)短かっ!
道は再び国150に合流して、大浜海岸を通過し新清水。
新清水に差し掛かったところで、何故かお腹の具合が急激にピンチに!(汗)
やばいっ!あかんっ!とトイレを探し周って、新清水駅の反対側の広場で緊急ピットイン。
フ~、セーフ。外に出てから、寒さの変化にやられたみたいです。

d0274344_331450.jpg
4時5分、由比の蒲原西付近にて。
ナイトランではリアのボックスに付けたフラッシャーをON。
周りのペースが高速道路みたいな夜のバイパスでも、
このテールライトのおかげでクルマもトラックも、リトルをしっかり避けていってくれます。
キャットアイ製のしっかりしたもので高かったけど、やっぱり行く前に着けといてホントに良かった!

国1バイパスを走り続けること40分、それまでジワジワ来てた眠気が一気にピーク。
4時50分、バイパスが終わり沼津市に入ったところでマックを見つけたので、休んでいくことに。
d0274344_334569.jpg
アップルパイやエッグマフィンを食べたりカプチーノを飲んだりするも、睡魔に勝てず1時間撃沈。
ふぁ~っとあくびをしながら、6時頃マックをあとにします。

すっかり明るくなっちゃいましたが、まだ通勤ラッシュ前で道はガラガラ。
沼津市街から三島の街を抜ければ、箱根への上り坂がスタート。
登坂車線・道の端っこ・ハングオンを駆使してジワジワヒルクライム。
d0274344_34512.jpg
7時10分、道の駅箱根峠。
荷物満載のリトルでも無事上りきれました(笑)
山頂手前から濃い霧に包まれ、加えてなんだか雨模様。

トイレ休憩から戻ると雨脚も強まってきたので、さっさとカッパを着ちゃいましょう。
ここからいつもなら箱根新道ですがリトルは当然ムリ。
重い装備で雨の箱根旧道ダウンヒルはちょっと危ないので、
今まで通ったことがなかった東海道(駅伝コース)で下ってみます。
d0274344_342927.jpg
8時40分、いつもの大磯のセブンに到着。
ヘビーウェットの箱根の下りを慎重に降りてきて、1時間ちょっとでここまでなら程々なペース。

小田原からここまで雨もカラッと上がったので、カッパは脱いじゃいます。
ゴールまでもうすぐ!最後にモンスターでエネルギー注入!
d0274344_345074.jpg
国1→国134→県30で藤沢まで来たところで、雨雲に捕って見事なドシャ降り。
あわてて小田急線の線路下に逃げ込み、再びカッパ装備。
ム~、最後もなかなかスンナリ行けないなぁ~(笑)

9時半、装備を整えて再スタート。
国1の戸塚ら辺で雨が止むものの、もう騙されんぞ!っとカッパを着続けたら環2までまったく降らず(笑)
やっぱりこっちはあぢぃ~とうだりながら渋滞を抜け、
10時35分、無事帰宅できました。

やったー!
カブで九州まで行って、ちゃんと無事故無傷で帰って来られた~~!
帰りはだいぶ走り応えあったけれど、夜中の国1も走れたし楽しかったなぁ。
充実感たっぷりで満足!帰宅後、落ち着いてから残りの赤福を牛乳と一緒に頂きました(笑)


今回の旅、最初はカブで行くか悩んだけれども、やっぱりリトルを旅に選んで本当に良かった!
カブならではのゆったりしたペースで、のんびりじっくり沢山の日本の風景を目にすることができたし、
辿り着いた所々でいろんな人やバイク乗りにいっぱい出会えました。
名物じゃないかもしれないけど、美味しいものもいっぱい味わったし、各地で温泉も堪能。
フェリーで何か所も海を越えて島々を渡り、船旅も満喫。
高速でビューッと移動できないカブならではな、
他のバイク・手段では経験できないような心にずっと残る時間を随所で味わえました。

なんだかまとめっぽくなっちゃいました(笑)、長くてすみません(爆)
旅をまず無事に終えられたこと、各地でお世話になった人たち、山・海・各地の色んな神様に感謝。
そして心配しながらも明るく送り出してくれた家族、リトルを旅に合わせて仕上げて下さったスズリンさん、
貴重なお休みをくれた上司やスタッフの皆さん、心配してくれたバイク仲間、すべての人たちに感謝です。
バイクで旅するのはやっぱり最高ダネ!

また来年の夏も長旅に出よう!その時もちゃんとただいま!楽しかった!って家に帰ろっ。
そんな風に感じた2013年の夏の終わりでした。

9&10日目走行距離:551キロ

総走行距離:2395キロ
トータル給油量:約41.25L
平均燃費:約58.06km/L
乗船フェリー数:5本
(オーシャン東九フェリー/宇和島運輸フェリー/国道九四フェリー/南海フェリー/伊勢湾フェリー)
[PR]
by acty-biyori | 2014-07-06 08:49 | ツーリング | Comments(2)

九州リトル・カブツーリング! day9 ①

9日目

前日までまったり四国最終日を過ごし、本日からはいよいよ本州に上陸。
横浜へ向けてイッキに帰りますよ~!

d0274344_0394820.jpg
7時半、一晩お世話になったメイアップを出発。
スタッフの方々が親切でバイクが屋根の下に停められ、かつ宿泊料もリーズナブルでオススメな宿。
いつも素泊まりですけど、朝食がおいしいビジネスホテルって評判みたいです。

昨晩チェックインのとき、スーパー林道をカブで越えてきました!って話したら、
ロビーの無料マッサージチェアをオススメされたのにうっかり利用し忘れたのがちょっとだけ心残り(笑)

おっと、心残りとか言ってる場合じゃなくて、はよしなければ8時発のフェリーに遅れる(汗)

d0274344_041114.jpg
フ~、ちゃんと乗れました(笑)
さらば、そして今年の夏もありがとう四国!

毎度のように(?)ギリギリの乗船手続きだったので、フェリーの前で写真を撮る暇も無くドタバタでした(笑)
あ~、四国が離れて行くなぁ。
九州を出発する時はあんまり思わなかったけど、いよいよ旅も終盤ってカンジだな~。

乗船してから朝食を食べて、もう一寝で大好きな南海フェリーを満喫、
と思いきやアホ親がほったらかしにしてる子供が走り回ってて、うるさくて全然休めませんでした。
ムゥゥ~~~、せっかくの南海フェリーが。。。

d0274344_041343.jpg
2時間ほどの船旅で和歌山港へ到着。
この日はリトルの他のバイクは、メーカー不明のスクーターとホーネット250が乗ってました。

d0274344_0421081.jpg
10時7分、本州・和歌山へ上陸~。
d0274344_0424056.jpg
フェリー乗り場からは県138号で阪和道の和歌山IC方面へ。
ここまでの道はバハとアクティで走ったことがあるので、道はだいたい大丈夫。
ただ明るいときに走るのは初めてかも(笑)

信号待ちでタンクローリーの映り込みで遊んでシャッター連写(笑)

d0274344_0432826.jpg
もちろんカブなので阪和道路は乗れません(笑)
ので、インター入り口を過ぎてからは国24号をひたすら東へ走ります。
国24は和歌山バイパスっていうみたいで道も広くて走りやすい、ですが信号がやや引っ掛かりやすいかな。
それになんだか周りのクルマが、結構いい加減な走り方が多くて要注意。

途中、郵便局によりつつもその後も国24をず~っと走り、奈良県に入ったころに国24を右折して国370へ。
24号をまっすぐ行けば奈良市ですが、
天理からの国25号の名阪国道は自動車道でカブは無理なので、北上せずに三重県を目指すことに。
国25の旧道ってのもアリですが、先も長いし遠回りになるので今回はパス(笑)

国370が国169との重複区間になってから、しばらく行ったところのローソンで一休み。
時刻は12時20分。和歌山港から、約2時間走って来ました。

奈良に入ってからだいぶ我慢が続いてここまでかなりストレスを貯めっぱなし。
というのもクルマがやたらに遅い、加速しない、ミラー見ない、こっちに関係なく右折・左折合流する、
で、だいぶゲンナリ。

水分補給とシーチキンおにぎりで少し元気が出ました(笑)
d0274344_04350100.jpg
川沿いを走る国169をのんびり進んで、再び国370方面へ復帰してすぐに県16号へ。
国169から別れた途端、ガクーンとクルマの数が減って道は最高なツーリングルートへ。
うはぁ~~、自然とキレイな空気と木陰が最高~!
コーナーも程々で気持ちいい~。この手前でZZR1400など大型2台とすれ違い。

ご機嫌な細いワインディングをクネクネ走ってる最中に、
道路の左側にニホンオオカミ像の看板を見かけたけど、この道ってひょっとしてもしかして、、、。

d0274344_0441513.jpg
国166号を松阪方面へ右折。

ここまで来ると山奥になるのか、交通量もかなり少なめ。
道は峠へ向けて上り勾配になって、峠頂上付近の高見トンネルを抜けたらそこはもう三重県。
d0274344_0443917.jpg
で、その先は高見山ループ橋!

あ、やっぱりここって、どうでしょうの原付日本列島制覇のときのルートだ!!
d0274344_045981.jpg
ループ橋でグーーっんと高度を落としてきました。
森の上に見える橋が、なんだかまるで宙に浮かぶ円盤みたい(笑)

d0274344_0452972.jpg
けっこうヨゴレてますな~。林道も走ってるせいか、さすがにリトルも長旅でだいぶデロデロ。

ここから道は海に向かって下り勾配なのでだいぶラクチン♪
d0274344_0455731.jpg
あ、アクティ(笑)
途中でバイクがいっぱい停まってる道の駅などはあったけれど、
基本的に道沿いにコンビニなどは何にもなし。穏やかなカーブの連続で三重側も走りやすいっす。

どうでしょう軍団も桂浜への旅路として通った、であろう道をタンタンと走りつづけます。
d0274344_0463137.jpg
あ、またアクティ。
さすがにホンダのお膝元の三重だけあって、ホンダ率、アクティ率が高いなぁ。

国166からは国368→国42→県709→県38で伊勢市街へ。
街に着いてから伊勢うどんのお店を探すも、
お目当ての店が全然見当たらずグルグル迷いまくり、諦めてお伊勢参りへ。
d0274344_0471549.jpg
15時半、伊勢神宮に到着。
この年は20年に一度の式年遷宮ということもあってか、平日にも関わらず観光客でごった返してました。
うわ~、めっちゃ混んでるなぁ。フェリーの時間もあるしお参りどーしよ。

d0274344_048753.jpg
悩んだ末、橋の手前の鳥居を写真に収めて早々に撤収!(笑)
リトルのところに戻る前に売り切れ寸前の赤福をゲットしてから、大急ぎで伊勢神宮をあとに。

途中で給油しつつ県37→国42・167の重複区間をリトルに拍車を入れ続けて
なんとか16時15分に伊勢湾フェリーの乗り場に到着。フェリーの出航は16時半、ギリギリセーフ(笑)

フェリー乗り場は鳥羽水族館の裏側にあって、最初は入口が良く分からなくてかなり焦りました。
しかも乗船手続きは建物の2階(1階はクルマの待機場所)だったので、ここでも初めは分からず大慌て。

d0274344_0483786.jpg
16時21分、なんとか乗船できました。いやぁ~、最後のフェリーも結局ドタバタ(笑)
完全にカブ待ち状態で、乗って気が付いたらもう入口のフタが閉じてるほど出航ギリギリ。
でも乗る前に入口で写真は撮るっていう(笑)

d0274344_049895.jpg
さらば三重県~~!
かなり駆け足な紀伊半島だったけれど、
おかげでフェリーの便を最終の一つ前に乗ることができたので明るいうちに伊良湖に上陸できそう。
約1時間の船旅、旅の後半戦に備えてしっかり休憩せねばっ♪
あ、またまたフェリーに乗る前に何も買い物できなかった(笑)

9日目②へつづく
[PR]
by acty-biyori | 2014-06-30 08:28 | ツーリング | Comments(2)


リトルカブ、XR-BAJA、アクティストリートでのんびりまったり


by ペ☆ヤング

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
ストリート
バハ
リトル
えすえる
ツーリング
Nワン !
Bike !
ふだん

以前の記事

2016年 09月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月

最新のコメント

こんにちは! メーター..
by acty-biyori at 09:55
こんにちは。 ペヤング..
by みや at 09:40
みやさん、ご無沙汰してお..
by acty-biyori at 16:02
お久しぶりです! メー..
by みや at 18:37
ありがとうございます! ..
by acty-biyori at 20:24
10万キロ達成おめでとう..
by チェッチェッチェロー at 10:23

最新のトラックバック

http://www.v..
from http://www.val..
オランダでも有数の風車村
from dezire_photo &..

最新の記事

3ヵ月ぶんをまく (メーター..
at 2016-09-26 09:07
いまさらヨーロッパ編
at 2016-06-26 14:19
まるた!
at 2016-03-29 15:15
スペインまとめ
at 2016-03-26 10:13
なんとかなるな
at 2016-03-24 10:15

外部リンク

ファン

ブログジャンル

車・バイク
自転車・バイク

画像一覧